男性育毛剤【DHTを抑制して抜け毛抑制】

抜け毛を改善する方法

男性の薄毛のほとんどは男性型脱毛症です。男性型脱毛症は男性ホルモンと2型5αリダクターゼという酵素が結合して生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が引き起こします。

2型5αリダクターゼは前頭部と頭頂部の毛乳頭に多く存在します。男性型脱毛症を改善するには、この5αリダクターゼと男性ホルモンが結合するのを防止する必要があります。5αリダクターゼの阻害をする方法として、医師によって処方される「フィナステリド」を配合したプロペシアが有名です。ただフィナステリドには男性機能の低下などの副作用の可能性があります。

そこでおすすめなのは副作用の心配がほぼないノコギリヤシ配合のサプリメントです。ノコギリヤシは5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制します。フィナステリドほど強い効果はありませんが、抜け毛対策サプリとして非常に人気があります

人気の育毛剤 BEST5

5αリダクターゼの抑制がポイント

男性の薄毛の多くは男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンとは5αリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTはレセプターと結合して毛母細胞の働きを弱めてしまいます。ここでは5αリダクターゼの働きを阻害する成分を配合したM字ハゲ育毛剤ランキングを紹介。

順位 商品名 金額 商品詳細
育毛剤BUBKA
11,664円~
30日間返金保証
育毛剤とサプリで育毛促進
育毛剤とサプリメントのセット。サプリメントには5αリダクターゼを抑制するノコギリヤシを配合し、育毛剤で血流を改善します。

824点
チャップアップ
9,090円~
送料無料
育毛剤とサプリのセット
サプリメントには5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシを配合。育毛剤には30種類の有用成分を配合し、育毛促進。
フェルサ
10,295円
送料無料
ダブルノコギリヤシで薄毛対策
育毛ジェルとサプリメントの両方にノコギリヤシを配合し、抜け毛対策。ジェルには保湿成分もたっぷり配合しています。
プランテル
6,980円~
30日間返金保証
10種類の有用成分を配合
血流を改善するセンブリをはじめ、5αリダクターゼに働きかけるヒオウギエキス、炎症を抑制する植物エキスを配合。
ポリピュアEX
7,800円
45日間返金保証
ポリリン酸で毛根を活性化
バイオポリリン酸が毛乳頭内で細胞活性化を促進し、髪の毛の成長をサポート。頭皮の炎症を抑制する成分も配合。

育毛剤「BUBKA」を体験

ベタつきニオイなし


BUBKAは無添加にこだわった育毛剤。ニオイやベタつきはありません。またパラベンや鉱物油などの添加物も不使用です。

ミノキシジル並の育毛力


BUBKAには褐藻エキスM-034が配合されています。頭皮の血行促進、保湿作用で育毛を促進。ミノキシジル並で副作用はありません。

ブブカサプリもセット


育毛剤BUBKAにはサプリもセット。サプリにはDHTを抑制するノコギリヤシの他にイソフラボン、ミレットエキス、亜鉛なども配合。

育毛剤「BUBKA」の3つのポイント

褐藻エキスM-034配合
育毛剤BUBKAには海藻エキスM-034が含まれています。M-034は頭皮の血行を促進して毛母細胞を活性化。さらに髪の毛を支える毛根鞘細胞を増殖させる働きがあります。他にも頭皮をしっかり保湿して地肌を柔らかくして育毛を促進します。
DHTの生成を抑制
男性型脱毛症を改善するにはDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することが欠かせません。濃密育毛剤BUBKAには5αリダクターゼを阻害する「オウゴンエキス」を配合しています。さらに同梱のブブカサプリにもDHTの生成を抑える「ノコギリヤシ」を配合。毛母細胞の活動を弱めるDHTの生成を減らすことで抜け毛を改善します。
32種類の育毛成分配合!
濃密育毛剤と呼ばれるBUBKAには32種類もの育毛成分を配合。血行促進、皮脂抑制、保湿作用のある植物エキスがたっぷり。他の育毛剤と比べてもかなりの成分が配合されています。さらにパラベンや鉱物油、香料、着色料などの刺激を与える添加物は一切使用していません。副作用のない育毛剤として頭皮の敏感な方でも安心して使用できます。

育毛剤BUBKA 詳細

育毛成分たっぷりの濃密育毛剤。褐藻エキスM-034が毛根を活性化して育毛を促進。さらにオウゴンエキスが5αリダクターゼを阻害して抜け毛を抑制。無添加だから敏感肌でも安心して使用出来ます。


価格・送料 12,600円 送料無料
内容量 120ml
返金保証 満足できなければ購入日から30日以内であれば返金保証付き
有効成分 褐藻エキスM-034、センブリエキス、オウゴンエキス、グリチルリチン酸など

薄毛対策 血行促進

男性型脱毛症対策と言えばDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える事です。 ただそれだけでは髪の毛は成長しません。 DHT(ジヒドロテストステロン)の抑制は抜け毛を減らす為です。 髪の毛の成長には血行促進と栄養補給が必要です。


頭皮の血行促進で有名なのが「ミノキシジル」です。 ミノキシジルはロゲインやリアップなどの育毛剤として有名です。 ミノキシジルは元々、高血圧を改善する薬として使われていましたが、 副作用として毛が濃くなる症状が見られました。


それをきっかけに、塗布する育毛剤として開発が進められ、ロゲインやリアップが生まれました。 ミノキシジルは血管を拡張して血流を増やす働きがあります。 栄養をしっかりと毛乳頭に送り、毛髪の成長を促進します。


注意点としては頭皮の炎症、かゆみなど「ミノキやけ」と呼ばれる症状が報告されています。 地肌が敏感な方には刺激が強い場合があります。 降圧剤として使われてた成分の為、 低血圧の方や心臓に傷害のかる方の使用はオススメ出来ません。


そして「頭皮マッサージ」も非常に大切です。 頭皮マッサージは継続することが非常に大切です。 頭皮マッサージの方法で有効なのは 左右両方の指の腹を側頭部に置き、シワを作るように上下に動かします。 頭頂部、生え際は念入りに行うことをおすすめします。 この時に爪で地肌を傷つけないように注意してください。

男性の薄毛対策 フィナステリド

男性の薄毛のほとんどは男性ホルモンが影響しています。 男性ホルモンが毛乳頭細胞内で5αリダクターゼと呼ばれる特殊酵素によって、 DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。



DHTは男性ホルモンレセプターと結合することで退行誘導因子と呼ばれる脱毛の原因となるタンパク質を生成します。その結果、成長期にある髪の毛が退行期に移行させられ、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。一般的に2~5年あるヘアサイクルが退行誘導因子によって髪の毛が成長してない状態で退行期に移行して、細い産毛が増えてしまいます。

この男性型脱毛を治療するために開発されたのがフィナステリドです。日本ではプロペシアが2005年の10月に承認されています。プロペシアは医師による処方箋な薬の為、皮膚科などに行く必要があります。1錠が250円で、診察料が別途かかります。

フィナステリドの効果はDHTの原因となる特殊酵素「5αリダクターゼ」の阻害にあります。DHTの生成を抑えることで脱毛タンパク質の発生を抑えます。1年間の使用で約6割の方が薄毛の改善を実感しています。

男性型脱毛の治療薬としてミノキシジルと共によく使われています。フィナステリドの注意点として女性の使用は厳禁です。特に妊娠している女性は触れることも胎児への影響があるために禁止されています。またフィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されているため、前立腺が少し小さくなることがあります。前立腺ガンの発見が遅れるリスクがあります。

フィナステリド(プロペシア)の副作用については、男性機能や性欲の低下が数%報告されています。男性ホルモンに関連する薬ですが、はっきりとした原因などは不明です。前立腺が小さくなることと関係している可能性は高いです。

ミノキシジルで抜け毛対策

フィナステリドと共に、抜け毛対策に有効なのがミノキシジルです。ミノキシジルには血管を拡張する働きがあります。もともとは血圧を下げる薬として開発されていましたが、副作用として多毛症の症状が見られたため、薄毛対策の薬として使用されるようになりました。



国内ではリアップが販売されています。リアップにはミノキシジル1%タイプと5%タイプが販売されています。女性用はミノキシジル1%のみが市販されています。ミノキシジルを塗布することで、血管が拡張し、血液が毛乳頭に送られるようになります。その結果、毛乳頭の細胞は活性化し、細胞増殖因子を生成します。

毛乳頭で生成された細胞増殖因子はVEGFやKGFとよばれています。VEGFは血管を新生する作用があります。血管を増やすことで、毛乳頭に送られる血液が更に増え、毛髪は成長しやすくなります。KGFは毛母細胞の分裂活動を活性化する作用があり、毛髪の成長をダイレクトに促進します。

ミノキシジルの副作用は頭皮の痒み、かぶれです。稀に、心拍が早くなったり、頭痛などの症状が出る事もあります。ミノキシジル配合のリアップに関しては、高血圧、低血圧の人の使用には注意が必要です。あとは心臓や腎臓、甲状腺などの治療を受けている人は医師に確認する事をおすすめします。

ミノキシジルにはリアップのような外用薬だけでなく、タブレットもあります。ミノキシジルのタブレットは薄毛治療のクリニックで処方されています。ミノキシジルが腸管から吸収されるので、外用薬タイプよりもより効果があります。その代わり、多毛症などの副作用が起こる可能性が高くなります。また、クリニックでは血圧や血液検査をしっかり行った上で処方しています。