男性育毛剤【DHTを抑制して抜け毛抑制】

男性の薄毛対策 フィナステリド

男性の薄毛のほとんどは男性ホルモンが影響しています。 男性ホルモンが毛乳頭細胞内で5αリダクターゼと呼ばれる特殊酵素によって、 DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。



DHTは男性ホルモンレセプターと結合することで退行誘導因子と呼ばれる脱毛の原因となるタンパク質を生成します。その結果、成長期にある髪の毛が退行期に移行させられ、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。一般的に2~5年あるヘアサイクルが退行誘導因子によって髪の毛が成長してない状態で退行期に移行して、細い産毛が増えてしまいます。

この男性型脱毛を治療するために開発されたのがフィナステリドです。日本ではプロペシアが2005年の10月に承認されています。プロペシアは医師による処方箋な薬の為、皮膚科などに行く必要があります。1錠が250円で、診察料が別途かかります。

フィナステリドの効果はDHTの原因となる特殊酵素「5αリダクターゼ」の阻害にあります。DHTの生成を抑えることで脱毛タンパク質の発生を抑えます。1年間の使用で約6割の方が薄毛の改善を実感しています。

男性型脱毛の治療薬としてミノキシジルと共によく使われています。フィナステリドの注意点として女性の使用は厳禁です。特に妊娠している女性は触れることも胎児への影響があるために禁止されています。またフィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されているため、前立腺が少し小さくなることがあります。前立腺ガンの発見が遅れるリスクがあります。

フィナステリド(プロペシア)の副作用については、男性機能や性欲の低下が数%報告されています。男性ホルモンに関連する薬ですが、はっきりとした原因などは不明です。前立腺が小さくなることと関係している可能性は高いです。