男性育毛剤【DHTを抑制して抜け毛抑制】

ミノキシジルで抜け毛対策

フィナステリドと共に、抜け毛対策に有効なのがミノキシジルです。ミノキシジルには血管を拡張する働きがあります。もともとは血圧を下げる薬として開発されていましたが、副作用として多毛症の症状が見られたため、薄毛対策の薬として使用されるようになりました。



国内ではリアップが販売されています。リアップにはミノキシジル1%タイプと5%タイプが販売されています。女性用はミノキシジル1%のみが市販されています。ミノキシジルを塗布することで、血管が拡張し、血液が毛乳頭に送られるようになります。その結果、毛乳頭の細胞は活性化し、細胞増殖因子を生成します。

毛乳頭で生成された細胞増殖因子はVEGFやKGFとよばれています。VEGFは血管を新生する作用があります。血管を増やすことで、毛乳頭に送られる血液が更に増え、毛髪は成長しやすくなります。KGFは毛母細胞の分裂活動を活性化する作用があり、毛髪の成長をダイレクトに促進します。

ミノキシジルの副作用は頭皮の痒み、かぶれです。稀に、心拍が早くなったり、頭痛などの症状が出る事もあります。ミノキシジル配合のリアップに関しては、高血圧、低血圧の人の使用には注意が必要です。あとは心臓や腎臓、甲状腺などの治療を受けている人は医師に確認する事をおすすめします。

ミノキシジルにはリアップのような外用薬だけでなく、タブレットもあります。ミノキシジルのタブレットは薄毛治療のクリニックで処方されています。ミノキシジルが腸管から吸収されるので、外用薬タイプよりもより効果があります。その代わり、多毛症などの副作用が起こる可能性が高くなります。また、クリニックでは血圧や血液検査をしっかり行った上で処方しています。